​物作りの日々。と言葉

木工②



木工において重要なのは墨付けだと思います。



この墨付けをどれだけ精度よく行えるか。


そしてそれを再現できるのか。


刃物の研ぎも必須ですが、かなり目を鍛えることになります。






瞬発力、度胸も試されます。

 


鉋一枚分削りたい、がしんどい。

やりすぎたらおしまいだからです。







とはいえ、あるあるであろう?(;_;)




スッカスカになってしまったのでシナの薄板貼りました。





蟻桟二列は難しいわぁぁぁああ!!







太田儔先生の指南書より。





色んな人に色々な事を言われてきたけど、アホみたいにこの言葉だけを信じてきた。




私にとって最強のアファメーションとなり、どんなネガティブな言葉からも守ってくれました。



大きなものに掴まろう!








最後の方はこなれてきました。


ただ許容範囲だとは思うが精度的にはいくない。



次回は材にもこだわってみようと思います。







ここからは未発表作品となるので後日談とさせていただきたいと思います。