​物作りの日々。と言葉

ありがとうこざいました。


3月6日〜10日までのアートフェア東京が無事に終わりました。

安藤源一郎さんと共に香川県漆芸研究所の代表としてPRするというミッションのもと、作家個人としてはかなりの好条件で参加させていただき大変有り難い事でございました。

そして技法やその背景、労力を熟知してくださっている方々のバックアップはめちゃくちゃ心強いと感じました!!

作品準備から販売まわりからとても勉強になり今後の土台が出来たと思います。

美術画廊とは全く違う現場感でした。

作るのと同じくらいに見せる事にも力を入れなければならないというのを聞いた事があり、デザイナーの方に空間を作っていただき、照明の方に光を当てていただき、その言葉の重みを実感したところであります。

作品が、自分の部屋で見た時の3割増しで美しかった(本当に!)

今後は頑張ってプロに頼んでいこうと思いました。

今回、本当に多くのお客様との出会いがありました。

お話をさせていただき。

熱心に聞いてくださり。

教えていただき。

見にに来てくださり。

悩んで選んでくださり…。

もっともっといいもの作りたいって心から思いました。

やはりブレずに受け入れてもらえる市場を頑張って探していこう。

技は技で。

人は人で、磨かれていくのでしょうか。

素晴らしい経験をありがとうございました。