​物作りの日々。と言葉

宗旦木槿


底紅の木槿、ステキですね。

茶道でたまーに花をいけるお稽古がありましたが、投げ入れというやつで。

我ながらセンスないなと思いました。

「花が向きたい方向にいれてあげればよい」

と言われましたが、長さやバランスがとれずごちゃごちゃいじる事もできず、いつも何だかいたたまれない気持ちになった記憶があります。

余計な手を加えるほどに真実から遠ざかる。

これはものづくりから嫌と言うほど思い知らされ、とても苦しむところでもあります。

削ぎたい。

だけれども、温もりを感じるような…

そんな境地に至るには人生経験が足りないようです。


2017-2020 © Natsuko Kamigaki