top of page

​物作りの日々。と言葉

第63回東日本伝統工芸展




日本橋三越にて東日本伝統工芸展が始まっております。



籃胎蒟醤盤「太郎冠者」

らんたいきんまばん「たろうかじゃ」








太郎冠者とは椿の品種名であり、原種に近い大昔からある椿です。


葉っぱも大きい。









椿は実に膨大な品種がありますが、原種も変わらず愛でる日本人の精神に感銘。





青ピンクの椿が珍しくて可愛くて、作品にしてみたいとずっと思っていました。





今回は、盤という平面である事とデカさ(φ43センチ)に苦戦。


艶上げが地獄でありました。



赤呂色の漆で塗り重ねていますが、竹の編み目もまったく透けてないし、実は線彫りの地紋も隠れていたりする。



経年変化をまたお伝えせねばと思っております。



また色々表現の改良を重ねてトライしたいモチーフであり、器物でもあります。









どうぞお近くへおいでの際はよろしくお願いします。





受賞作品動画も合わせてご覧くださいませ。






22日まで。

bottom of page