​物作りの日々。と言葉

宝相華と仲良くなりたいPart 2







お盆が展示毎に育っていく。。。



鉄錆のままでも使いやすそうなんだけど、

このシンプルな形と大きさは加飾の練習にぴったりだから。。。




勉強旅行で見たタイの蒟醤は置目なしのフリーハンドで、それはもう鉛筆で描くように彫ってました。



下図を書く、漆面に転写するの2工程を省く事ができるのはかなり大きい。



デザインはモチーフとその隙間を埋める唐草模様。


彫りもおおらかで軽やかでした。



憧れます。